野菜栽培の面白さ

プランターで野菜を育てる楽しさ

プランターに野菜のタネを植え、自分で育てた野菜を収穫して食べることを趣味にしている方は、特に主婦層やシニア層を中心として、かなりたくさんいらっしゃるようです。野菜はスーパーで買って食べた方がずっと手間がかからないのに、なぜたくさんの方がプランターでの自家栽培に挑戦しているのでしょうか。
その理由としてもっともよく挙げられるのが、毎日手間をかけて育てる楽しさについての意見です。種を植えてから毎日、水をあげたり陽当りの良い場所においてあげたりとお世話をして、やっとプランターの土に芽が生えているのをみつけたときの喜びは、想像しただけでも格別ですよね。そしてそれらの芽が毎日少しずつ伸びて、だんだんと太い茎になり、花が咲いて、食べられる実をつけてくれます。
一生懸命育てれば育てるほど、自分にとってのごほうびのようにも感じられる収穫物はより大きく、おいしくなっていきます。収穫した野菜を食べることはもちろん、植えた野菜がプランターの中で育っていくための過程をひとつひとつ経ていくことで、まるで子育てをしているかのような楽しさをあじわうことができるのだそうです。大事に育てる楽しさを実感したい方には、特におすすめですよ。

上手な収穫のコツ

プランター野菜は、畑を使わずに栽培ができるのが特徴ですが、利用している入れ物によっては水が溜まりやすい物もあります。主に縦の長さが短い物がそれにあたるので、できる限り長めの物を選ぶと良いです。長ければ根っこが下まで伸び、水も溜まりにくくなるため、野菜の育成に良い効果を与えてくれます。
意外と多いのが、太陽の光を当てるのを忘れてしまうことです。野菜は私達と同じように生きているので、日光を与えないと元気がなくなります。マンションのベランダでプランター野菜を育てている時は、苗が小さいので内側から見えにくいと予想されます。なので、窓の側に野菜がありますと紙で貼っておくと良いでしょう。そうすれば、苗があることを忘れずに済みます。野菜が育ち実がついた時は、収穫時期と判断できますが、育てている品種によっては少し待った方が良いこともあります。
例えばミニトマトの育成をしていたとします。実ができて緑色から赤に変化した直後の際は、すぐには取らずに数日ほど待つべきです。理由はまだ成熟しているとは言い切れないからです。恐らくですが、掴んで食べようとすると堅いと感じるはずです。なので、少し間をおいてから収穫をした方が得策です。

menu

2017/08/23
お得な要素が満載を更新しました。
2017/08/23
野菜栽培の面白さを更新しました。
2017/08/23
初めて育てるプランター野菜を更新しました。
2017/08/23
覚えておきたいプランター情報を更新しました。