覚えておきたいプランター情報

プランターで育てる利点

プランターを使えば、わざわざ土を耕さずとも野菜作りを楽しむことができます。プランターで育てることができる野菜は非常に多く、キュウリ、ナス、トマト、葉大根、水菜、サトイモなど、多様です。プランターで野菜を育てる利点は、自分にとって都合のよい場所に移動することができることです。これは、日当たりの問題や台風襲来時の退避、それに普段の維持管理の面で極めて有効です。
直接地面に植える地植えであれば、後から都合が悪くなっても移動することはできません。台風や雹でやられてしまうこともあります。ですが、プランターであれば、緊急時には玄関の内側や風の弱い場所に移動させてやれば被害は最小限で済みます。また、多くの野菜は連作を嫌う傾向があります。そのため、地植えをすると数年はそこで同じ作物を作りにくくなります。
ですが、プランターであれば、土を簡単に入れ替えることができるので、毎年好きな作物を栽培することができます。また、その作物にあった土をそれぞれ用意すれば良いので、栄養豊富な土が必要な作物の横で、有機物がほとんどダメな作物を育てることも可能です。プランターで野菜を育てる利点は場所をあまり問わず、色々な作物を栽培できることです。興味のある人は、一度挑戦してみてください。

プランターで野菜を栽培するときの注意

プランターで野菜を育てる時には、注意点があります。プランターで育てる場合、基本的に栄養分はプランターの土から取ることになります。普通の畑などであれば、根を広く張ることができますが、プランターであればいくら野菜栽培用と言っても限界があります。そのため、畑での栽培よりもよりこまめに栄養分の補給を行う必要があります。
同じく水分についても言うことができます。水分の場合、土の表面が乾燥することによって失われることも考慮する必要があります。そのため、畑での水やりよりも頻度は多くなる傾向にあります。特に、ナスやサトイモといった水分を好む植物を植える時は、水遣りをキッチリとこなす必要があります。プランターの利点は自由に移動できることです。
ある程度日当たりが良く、よく利用する場所(例えば玄関先)があれば、そこにプランターを置いておき、出勤時や帰宅時に水を遣ると言うのがお勧めです。夕方帰宅したら、水をやり、バケツに翌日の分を汲んでおきます。出勤時はそのバケツの水を与えれば、それほど朝の水遣りに時間は必要ありません。プランターの利点を最大限に生かして、短所を克服すれば美味しい野菜を自分で作ることができます。

menu

2017/08/23
お得な要素が満載を更新しました。
2017/08/23
野菜栽培の面白さを更新しました。
2017/08/23
初めて育てるプランター野菜を更新しました。
2017/08/23
覚えておきたいプランター情報を更新しました。