季節ごとの家庭菜園

プランター栽培でおすすめの野菜

最近はサラリーマンの方でも、農地の一部を借りて農作物を育てている方がたくさんいます。農作物を育てることを趣味としている人が多いためです。農作物を育てるはじめの一歩として、プランターでの家庭菜園がおすすめです。プランターの場合、場所も取らないのでマンション住まいの方でも気軽に行えます。
ホームセンターなどに行くと、入り口付近に野菜の種や苗が売られていることが多いです。自分が育てたい品種と肥料、プランターなどを購入するとすぐに始められます。初心者の方には、一番育てやすいと言われているミニトマトがおすすめです。水やりも適度でよく、面倒な手入れもほとんどないので初心者には人気です。プランターに植えるとしばらくして雑草なども生えてきますので、養分を摂られないようにこまめに抜くようにしましょう。
他にも料理のワンポイントとなる大葉なども気軽に家庭菜園できます。大葉は買うのが面倒だなと感じたことがある人は多いと思います。プランターで育てておくと、必要な時に必要な分だけ収穫できますので、それもプランター栽培の醍醐味だと思います。自分で育てた野菜はどれも愛着が湧いて、どんな風に調理しようか考えるのもまた楽しいです。

プランターで夏野菜を育てよう

夏野菜は、比較的簡単にプランターなどで栽培できます。トマトやキュウリ、ナス、ゴーヤ、ピーマンなどは子どもに育てさせることも簡単です。最近では、ミニトマトを学校や幼稚園や保育園で育てさせているところも多いようです。
まず、土はもちろん作れる方は自分で作っていただくのが良いのですが、最近はホームセンターなどで野菜の土が、1000円以下で買えるので、それを利用しても良いかと思います。プランターは下に穴があいていれば、何でもかまいません。極端な例ですが、上手に網を張っていれば、ゴーヤの苗と野菜の土を買ってきて、網の下に野菜の土を袋ごと置いて上部を開き、袋の下にブツブツと穴をあけてしまえば、袋がプランター代わりになります。
あとは、水やりに気をつければ、そうそう失敗はないです。トマトなど水をあまり与えずに甘くするという農家の方もいらっしゃいます。あげすぎないくらいでも育ってしまうのです。ただ、葉っぱがしおれかけくらいなら、まだ復活しますが、完全に枯れてしまった状態、しおれつきた状態にまでほったらかして水やりを怠ると、それはさすがにアウトです。適度に水やりをしていれば、プランターでも十分に野菜の栽培が楽しめます。

menu

2017/08/23
お得な要素が満載を更新しました。
2017/08/23
野菜栽培の面白さを更新しました。
2017/08/23
初めて育てるプランター野菜を更新しました。
2017/08/23
覚えておきたいプランター情報を更新しました。